美白と生活習慣の関係

肌がきれいなので、嬉しくなる女性

美白を目指すなら生活習慣にこだわりましょう。
一番大切なのは紫外線対策であり、外出時はしっかりと日焼け止めを塗りましょう。
晴天以外なら日焼け止め不要と考える方が多いでしょうが、曇天でも紫外線は地上に達しています。
何より朝は曇天でも、途中で晴天になってしまう可能性もあります。
日焼け止めは季節を問わずに使用するべきでしょう。
洗顔後は保湿をすることも大切です。
お肌が乾燥するとダメージを受けやすくなり、特に紫外線に対して弱くなります。
黒ずみ、シミなどの原因となりますし、間違いなく老化を促進させます。
年齢を重ねたとき、5歳若く見られる方もいれば、5歳老けて見られる方もいるでしょう。
両者の差は若いころの保湿ケアにある場合が多いのです。
保湿ケアをしっかり行っておけば、紫外線のダメージを抑制して美白を維持できるのです。
カラダの内側から美白になるためには、抗酸化力のある食材の摂取が効果的です。
野菜と果物はたくさん食べて、ビタミンと食物繊維を補給しましょう。
ビタミンは抗酸化力が高く、カラダを酸化から守ってくれます。
食物繊維は腸内環境を改善し、老廃物の排出を促進します。
老廃物が美白のジャマをすることは昔からわかっています。
美白のためには、便通は常によい状態にする必要があるため、便秘体質の方は改善させていきましょう。
お腹がぽっこりしている方は、老廃物を溜め込んでいると考えていいでしょう。
質のよい睡眠も美白を促してくれます。
熟睡するためのポイントは、ストレスを解放した状態で早めに眠ることです。
理想は夜の10時くらいに眠り、翌朝の6~7時くらいに起床するパターンです。
ターンオーバーを正常化させるためにも、睡眠は8~9時間くらい取りたいところです。

最近の投稿
アーカイブ
サイト内検索