• ホーム
  • 美白に効果的なリコピンを自然食で摂るには

美白に効果的なリコピンを自然食で摂るには

肌の問題に悩む女性

お肌が暗く見えてしまう原因の一つとして挙げられるのが、活性酸素の増加による「くすみ」です。
活性酸素は、増えすぎると美容や健康にマイナスな作用があるとして、よく知られている存在です。
お肌にとっても当然良くないものであり、この活性酸素とどう付き合っていくかが、とても大切となります。
活性酸素はシミやそばかすの原因であるメラニン色素を増やす作用も持っており、美白の敵ともいえる存在です。
本来は体内に侵入したウィルスなどを攻撃してくれる活性酸素ですが、その量が増えすぎてしまうと、正常な細胞にダメージを与えてしまうのです。
一般的に鉄なども酸化して錆びた状態になりますが、これと同じ作用が、お肌にも働いてしまうのです。
本来体には、活性酸素を一定量に抑える機能が存在していますが、この機能がストレスや老化などによって低下してしまうと、バランスが取れなくなり、マイナス面が大きくなってしまうのです。
活性酸素を増やし過ぎないためには、抗酸化作用のある成分を増やしていくことが効果的といわれています。
抗酸化作用の高い栄養成分として、注目を集めているのが赤色の色素「リコピン」です。
自然に存在する野菜や果物などに豊富に含まれているリコピンは、活性酸素を減らす抗酸化作用を持っているのです。
リコピンはサプリなどでも摂取できますが、普段の自然食を通じて取り入れることもできます。
リコピンが多く含まれている食品の中で、もっとも身近で毎日食べても飽きないのは、トマトでしょう。
リコピンは脂溶性の栄養成分ですから、油に溶けた状態で摂取するほうが効率的とされています。
トマトをオリーブオイルで加熱調理することで、美白によいリコピンをしっかりと摂ることができるのです。